指導者養成講座

VINAYAKAヨガスクール
指導者養成講座は



☑全米ヨガアライアンス RYT200コース

バリヨガ「クンダリーニタントラヨガ」公認指導者養成コース

2つの国際ヨガライセンスが取得できる
ヨガ指導者養成講座を開催しています。

「大切にしていること」

VINAYAKAヨガスクールでは
「カラダを知る、ココロを知る、魂で生きる」の
3つのコンセプトに

「カラダを知る」
アーサナ、実技、ヨガ解剖学etc から

「ココロを知る」
瞑想、ヨガ哲学、修行体験etc から

そして実際の経験と練習、自己を深める
学びを通してYOGA本来の目的である

「魂を悟る」

繋がる生き方も含めて真のヨガの体感、
世界を伝えることのできるヨガインストラクター
を目指すカリキュラムを用意しています。

ヨガをすべてのレベルで深める要素は
自身の経験からくる内観から来る気づきの
積み重ねでしかありえません。
どこかで習ったことを頭だけで理解して、
そのまま鵜呑みにしたことを人に
「説明することができる」ということと人に
「真に伝わる」というのは違うことです。
もちろん、説明するテクニックが
あることはすばらしいですし、
それは勉強したり練習すれば
身につくことなのかもしれません。
ただ、自分が「体験的に知っていること」しか
人には伝わらないもの。
実体験に基づいた気付きから
人に伝えようとするときそのテクニックが
乏しかったとしてもそれは魂のレベルまで
通じていくものです。

VINAYAKAヨガスクールではこの気付きの
積み重ねを深めていけるお手伝い、
カリキュラムで指導者養成講座を行います。



全米ヨガアライアンスとは、
世界70ヶ国以上で認知されている
ヨガの国際資格です。
VINAYAKAヨガスクールは
この全米ヨガアライアンスの正式認定
ヨガスクールであり、「RYT200」の
登録申請ができます。



全米ヨガアライアンスとは

80年代にアメリを拠点に設立された世界最大のヨガ協会。クオリティの高いインストラクターを養成するために知識、練習にある一定水準を定め、その向上を常に促進するヨガ協会です。現在ヨガインストラクター、ヨガティーチャーにおいて全世界共通の資格がないため、この全米ヨガアライアンス資格がひとつその基準となっています。この協会の定める基準に基づいたヨガティーチャートレーニングを認定校であるヨガスクール(RYS=Registered Yoga School)として認定書が発行され、同協会に登録されます。



バリヨガ「クンダリーニタントラヨガ」とは

バリ ヨガ 熊本

世界的に有名な治療家バリ島のクトゥアルサナ先生によって発案された、「呼吸」、「背骨」、「骨盤」に集中したアーサナを通して肉体とエネルギー体を整えるバリ式「クンダリーニタントラヨガ」。シンプルなメソッドで、難しいポーズを取ることなく、柔軟性と筋力アップを目指すことができる、老若男女問わず実践しやすいヨガです。 VINAYAKAヨガスクールは日本で唯一公式にクンダリーニタントラヨガのインストラクターを養成できるスクール認定を受けています。
「クンダリーニタントラヨガ」の名前を使用したヨガレッスンを提供することができるようになります。

PAGE TOP